巨人化の秘密 13 ~稲光の正体は「プラズマ」?


プラズマ は、気体を構成する分子が部分的に、または完全に電離し、陽イオンと電子に別れて自由に運動している状態である。

プラズマ中の電荷は、異符号の電荷を引き付けるため、全体として電気的に中性な状態に保たれる。
また、構成粒子が電荷をもつため、粒子は電磁場を通して遠隔的な相互作用をすることができ、離れた領域にある粒子の運動に依存したふるまいをする。

このように、分子からなる気体とは大きく異なった性質をもつため、プラズマは物質の三態、すなわち固体、液体、気体とは異なった、物質の第四態といわれる。


プラズマは、中に多数の自由電子があるため電流が極めて流れやすいという特徴を持つ。

電流が流れればその近辺に電磁場を生じ、それがまたプラズマ自身の運動に大きく影響する。
そのため、プラズマ中では粒子は集団行動をとりやすく、外部から電磁場を掛ければそれに強く反応し、全体として有機的な(有機化学的という意味ではなく、有機体のように多くの部分が緊密に関連しながら全体が機能しているさまのこと)挙動が観測される。

有機的挙動の1つの現れとして、プラズマ中には通常の気体中には存在しない、電場を復元力とする縦波であるプラズマ振動が存在する。

ウィキペディア プラズマ より


※参照



エレンやアニなど、 特殊巨人が巨人化するさいに稲光 が起こります。
これは、彼らの内側から起こった現象だと思っていたのですが、どうやら外から光が落ちているようです。





第25話 「壁」 ストヘス区急襲③  では、完全に外からエレンに向かって、光が落ちています。
まるで、避雷針に落雷したかのようです。








しかし、こちらの 第21話 鉄槌 第57回壁外調査 ⑤  では、内側からのみ光が発生しているように見えます。

う~ん、どういうことでしょうか??

考えられることは、

1 外部からの光によって、エレンの巨人化が完成形になった
2 ただの演出

といったところでしょうか。

アニの巨人化のときも外からの光が来ていますね。

※参照



ここからが本題ですが、この光の正体は何か?ということです。
考えうるに、これは「プラズマ(現象)」なのではないのでしょうか?

プラズマのなんらかの作用により、物質の第四態である巨人を作りだしているのです。
と言うものの、自分でも何を言ってるのか、さっぱりわけがわかりません…。

でも、巨人化のさいに、何らかの「光」があり、それが何らかの「作用」をもたらしているというのは、間違いなさそうですね。



巨人化の秘密 12 > 13 

1 件のコメント:

  1. Hey your blog is just awesome,
    Do u Want to follow each other ?
    Do visit my blog and follow me via gfc and facebook
    i will also follow you back :)
    xOxO

    Website: http://www.cosjj.com/

    返信削除